社会福祉法人 出島福祉村|【公式】オフィシャルサイト

095-842-8222
お気軽にお問合せください。

これまでの取り組み1

大学行政との連携
九州大学農学部
びわの葉の成分分析により、骨粗鬆症、メラニン抑制、アレルギー症を抑える働きがあることを発表しました。
(現在、特許出願中)
早稲田大学人間科学部
びわの種の成分により、アンチエイジング効果があることを発表しました。
長崎大学医学部
我々が運営する発達障がいなどの子どもの障がい者福祉施設と連携しています。
長崎県
長崎県漁連および、畜産農家と連携したびわの葉をエサに混ぜた効果を研究しています。

これまでの取り組み2 びわの木まつり

我々が福祉施設を運営し、農業を行っていくなかで、地元への理解を得る事は必要不可欠な要素です。
閉じられた施設運営ではなく、地元へ開かれた施設であるために、地域の方々との絆をつくるイベントを開催しました。
長崎市南部地域の農業の活性化に留まらず、地域農産品の販売による地元農家の所得向上や障がい者が「農」に触れ合う体験づくりを目的としています。

現在の取組み 障がい者の人たちの人生をもっと豊かに

[びわの木観光農園]は、皆様のご寄付により実現する障がい者福祉リーディングモデルです。
障がい者とその家族、そして支えていく人たちの生活をより豊かにするプランの第一歩として、びわの木観光農園(仮称)の設立を目指しています。

農園でのびわの栽培を基軸とし、びわ茶やジャムなどびわ加工品の製造・販売、レストラン経営、マルシェ(市場)などから得た収益を原資に、障がい者の人たちが一生安心して暮らせる終の棲家(住環境)の整備や、支援スタッフの拡充・育成などを促進します。

また、寄付者の皆様には障がい者と一緒に楽しめる多彩なイベントに参加していただいたり、よりよい運営への提言をいただけるようなミーティングの場を設けてまいります。

障がい者福祉の維持可能なモデルケースを長崎から発信し、障がい者をとりまく世界を明るく夢のあるものに変えていきたい。
そんな私たちの想いにご賛同いただき、ご協力いただけますようお願い申し上げます。
詳しくは「びわの木サポーター」をご覧ください。

社会福祉法人 出島福祉村

ライフステージを通した取り組み

社会福祉法人 出島福祉村